賃貸物件の探し方は複数の方法を駆使しよう!?

駅前の不動産屋は情報収集のみと割り切る

駅前の不動産屋は、一等地にも関わらず何軒も軒を連ねて営業しています。場所代が高くても収益を挙げられるように、不動産屋では提携業者からのキックバックという新しい収入源があります。駅前の不動産屋で初日に紹介される部屋には、残念ながら良い部屋は無いので地域の相場を調べるためと割り切った対応をすれば良いでしょう。最初に書いた希望賃料上限を1円でも上回る家賃の部屋を紹介されたら、その時点で見るのを止めるくらいの考えでいると冷静な判断が出来ます。駅前の不動産屋は少しでも家賃が高い部屋で仲介手数料を増やし、その上で大家から出るADと呼ばれる広告料が多い部屋から順番に紹介されるからです。

地元の不動産屋がメインの探し先

昔ながらの営業をしている地元の不動産屋は、駅前には無く少し離れた場所にあることが多いです。場所代があまり掛からない場所で営業していても、長年の営業が出来ていることからも無理な営業をしていないことが分かります。敷金や礼金の額は多めの部屋が多いですが、保証会社を使わずに保証人を立てれば借りられる優良物件を多く持っている特徴があります。インターネットに掲載されていない専任媒介物件を多く持っている不動産屋には、良い部屋が集まるわけです。

不動産屋に騙されなく無い人は大家から直接借りよう

不動産屋の営業スタイルに嫌気が差しているのは、入居希望者だけでなく大家側にも少なくありません。不動産屋に支払う広告料が多額になりすぎているからです。大家が直接入居希望者を募集出来るサイトが、関東を中心に広がりを見せて人気を集めているので、大家の顔を良く見て話を聞いて借りることが出来ます。大家と直接契約をする時に、保証会社との契約を初回2年間のみ行うのは、大家側に審査能力が無いことが原因ですから、次回以降は保証人を立てれば良いと約束した上で行なえば余計な費用も掛かりません。大家との直接契約では仲介手数料が存在しないので、初期費用を安く出来るメリットもあります。

登別の賃貸では、ペット飼育可能な物件も多く、ペットと一緒の暮らしに憧れている人でも安心して物件を選べます。