部屋探しの際に盲点となりやすい暖房設備を確認しよう!?

賃貸物件ではストーブ禁止が多い

賃貸契約をする際に重要事項説明を受けていると、化石燃料を使用した暖房使用が禁止されていることが珍しくありません。不思議に思う人もいますが、化石燃料を使った暖房は能力が高い反面として室内の結露を発生させやすくなります。特にストーブと加湿器を併用した際には、ストーブを止めた後に発生する結露が深刻です。加熱時には室温の上昇に伴い飽和水蒸気量が増えるので湿度が下がり乾燥を感じます。しかし、暖房を止めた後に急激に室内温度が下がることが原因で結露が発生しやすくなってしまうことを覚えておくと良いです。

ガスストーブが用意されている物件に注意

寒冷地のマンションなどでは、暖房設備としてエアコンだけでなくガスストーブが用意されていることがあります。実際にガスストーブを使用してあまりの料金の高さに驚いた人も珍しくありません。ガスストーブの中でも都市ガスならば省エネ性能が進んだエアコンよりも少し高い程度で済みますが、プロパンガスを使用していると数倍もの暖房費がかかることが多いです。備え付けのガスストーブが用意されている賃貸物件は、必ずガスが都市ガスになっていることを確認してから契約しなければなりません。

オール電化を選べば暖房設備も安心

省エネ機能が最も進んだ暖房装置は、新しいモデルのエアコンです。エネルギー消費効率が高いので、実際に使用している電力の数倍の暖房性能を発揮してもらえるので、比較的新しいモデルが採用されているエアコンが設置されたオール電化物件を選べば、暖房費を減らせると同時に火を使わないので火災予防にも役立ちます。設備として賃貸物件に導入されているエアコンならば、故障時の対応は大家側で行ってもらえるので、修理費用の負担が無く安心です。

旭川の賃貸では、3LDKを中心としたファミリー向け物件が大変豊富で、子育てを行っている人でも快適に暮らせます。