不動産屋で紹介される物件には種類があるってホント!?

駅前の不動産屋は一般媒介が多い

新しく住みたい街に行く際は、部屋探しを駅前の不動産屋で済ませがちです。何軒か回って気が付くこととして、最初に紹介される部屋は共通のケースが多いことを不思議に思うでしょう。取引態様の部分を確認すると、一般媒介または一般仲介と書かれていることが多くなります。訪問した不動産屋で大家から委託されているわけではなく、別の不動産屋が大家から頼まれて入居希望者を探している部屋を紹介されているだけです。入居希望者から不動産屋は仲介手数料を受け取れますが、大家からは広告費という名目で家賃の1ヶ月から3ヶ月程度入居者を仲介すると受け取れます。最初に案内される部屋は、不動産屋同士が加盟しているネットワークで、広告費が多く出ている部屋が優先的に紹介されているに過ぎないわけです。

専任媒介契約の物件に優良物件が多いのはなぜか

駅前の不動産屋でも、条件が合えば希望に近い部屋を紹介してもらえます。しかし、地域内で大家の人柄が良かったり、入居者の質が他の物件とは明らかに異なり、平和な優良物件については、地元で昔ながらの営業を行っている不動産屋が多く押さえているわけです。大家との間で専任媒介契約を結んでいる部屋については、毎週募集状況を大家に報告する義務があるので、手間がかかります。扱っている件数が比較的少なく、丁寧な対応が出来る地元の不動産屋でなければ、手を出したくないわけです。専任媒介契約が結ばれている部屋については、その不動産屋でしか契約や紹介が出来ません。不動産屋の眼鏡に叶った人しか、紹介すら受けられない部屋というわけです。優良物件がインターネット上に掲載されにくい理由も、すぐに入居者が決まる点にあるわけです。

新札幌の賃貸は利用が伸びてきていることから、全国的に注目が高まっています。あらゆるニーズに応えようという姿勢が評価されているのです。