家賃?間取り?…賃貸物件探しで「掘り出し物」を見つける方法

「いい物件」=「コスパのいい物件」

賃貸物件を選ぶときは、誰だって損のないチョイスをしたいですよね。一目見て気に入った物件が思いのほか安い家賃だったら、本当に気分が高揚します。コスパ高の物件を見つけることは、あなたの新生活を最高のものにするでしょう。

どの街にも、家賃相場というものがあります。

誰だって家賃に対するコストパフォーマンスの良い物件を見つけたいところですが、「この街は家賃に対して設備のいい物件が多い」とか、「この街は築年数の割に安い家賃の物件が多い」などということはありません。同じような物件で家賃が違う場合は、単純にエリアによる相場の差ですから、家賃に対する物件の機能性の差ではないことがほとんどです。

「掘り出し物」を探す前に気をつけたいこと

大家さんにしてみれば、周辺地域も含めて家賃相場を勘案して自分の所有する物件の家賃を決めます。家賃は需要と供給のバランスで決まるのですから、たいていの場合はそのエリアにおける現時点での妥当な金額であることが通常、と考えましょう。家賃にだけ気を取られて、いわゆる掘り出し物(=コスパのいい物件)を探そうとすると、「いつまでたっても気に入った物件が見つからない」ということになりがちです。

あなただけの掘り出し物を見つけましょう

そもそも「掘り出し物」は、誰にとってもお得な物件ではありません。多くの人にとってマイナスポイント(例:日当たりが最高に悪い)であっても、自分にとっては全く支障が無い(例:いつも夜しか家にいない生活サイクル)ために、「結果的に自分にはお得である」という物件を探すようにすれば、あなたにとっての「掘り出し物」に巡り会える確率が高まります。

物件探しは自分の中のプライオリティへの旅

賃貸物件探しは、自分の中の本当のプライオリティに気がつく機会になります。楽しみながら最高のお部屋を探しましょう!

琴似の賃貸を利用することで、目的に合った物件を紹介してもらうことができるという素晴らしいメリットがあります。